<中国のインターネット規制から学ぶこと>Learning from the China’s Internet Regulation

<中国のインターネット規制から学ぶこと>
Learning from the China’s Internet Regulation

ご存知の通り、中国国内では、インターネット検閲があり、以下のウェブサイトの閲覧が制限されている。

「中国政府は、なぜ検閲するのか?」「インターネットは、全てオープンにすべきだ!」という視点がある一方、今回は”逆の視点”から、検閲のメリットに注目したい。

率直に言うと、『中国が検閲するウェブサイト=中国国外に情報が筒抜けになる』ため、国外への情報漏洩を管理できない。中国政府は、該当のウェブサイトを規制することで、国内のセキュリティ対策を強化している。結果、中国のインターネットセキュリティは、日本のそれよりも、はるかに進んでいる。

普段、我々は意識していないが、以下のウェブサイトを利用するときは「個人情報が抜かれている」ことを前提に、使うべきと思う。物事には、常に白黒両面があることを忘れず。

・Amazon Japan
・Discord
・DropBox
・Facebook
・Google Play
・Google Search
・Google Services: Gmail, Map, Calendar, Analytics etc.
・Instagram
・LINE
・Nico Nico Video
・Soundcloud
・Tiktok
・Twitter
・Yahoo Search
・YouTube
by alphabetical order

As you know, in China, there is Internet Firewall restricting the access to the following websites.

While there is a perspective “Why the China government restricts?” “The Internet should be open to all !” This time, I would like to focus on the advantage of the Internet restriction as “the opposite perspective.”

Frankly speaking, because “the website restricted by the China government = the information is going out of China,” and they cannot manage the information leakage outside. The China government is strengthening domestic security by regulating the relevant websites. As a result, China’s Internet security is much more advanced than that of Japan.

Usually, we are not aware of it, but when using the following websites, we should think that it should be used under the premise that “personal information is being used.” Remember that things always have both white and black side.

・ご質問・コメントは、ここからお願い致します。